みんなに誇れるサービスを、ユーザー目線で育てたい

武本 友佳 ディレクター 2017年 中途 / 東京オフィス
minne事業部マーケットグループ

大好きなハンドメイドに携わる仕事がしたい

ペパボに入社する前はどんなことをしていましたか?

以前はオンラインゲームの運営会社でWebディレクターをしていました。最後の1年間は主にアプリゲームの開発ディレクションをしていましたね。

ゲーム業界とペパボでは、かなりギャップもあるかと思いますが、どうして転職を決めたのでしょうか?

自分が『minne』のユーザーだったこともあり、採用情報をチェックしていたら、ちょうど枠があったので応募したのがきっかけです。 もともとハンドメイドが好きでマーケットイベントに遊びに行くこともあったんですけど、買い手も売り手もみんなが幸せそうにしていて、そんな素敵な空間を作っていく仕事がしたいと感じていました。

以前の会社も最初はゲーム会社ではなく、人を繋ぐコミュニティを運営している会社で、そのツールの一つがゲームでした。ちょうどアプリゲームが流行りだした時期でもあったので、時代の流れに合わせて会社の主軸が変わっていった感じです。しかし私自身、ゲームに興味があったわけではなかったので、働くならもっと好きなことに携わりたいという想いが強くなり、転職を決めました。


ハンドメイドで繋がる場所を作り、チームの良い循環を作る仕事

現在の仕事内容についてお聞かせください。

今は『minne』のWebサイトやアプリのディレクションをしています。具体的な業務でいうと、例えばユーザーインタビューやアンケートなどの調査を通じて、検索機能の改善などに取り組んでいます。私も『minne』の1ユーザーなので、今は「やっと直せる!」とワクワクしながら施策を進めています。

入社前に思い描いていた「ハンドメイドでつながる空間作り」にプロダクトを通じて携わることができているので、毎日が幸せです(笑)

チームにおけるディレクターの仕事について教えてください。

デザイナーやエンジニアなど、さまざまな業種の仲間がいるチームで、その中でコミュニケーションの舵をとり、まとめていくような役割を担っています。課題の要件を整理したり、みんなでサービスを前進させていくための環境を作るイメージです。

私はサービスとそこに携わっている人たちが好きなので、自分がどうこうするよりも、みんなに気持ち良く仕事をしてもらうためにどうしたらいいかを常に考えて、チーム内で話し合うことを大切にしています。

社内でも社外でも、ものづくりが好きなユーザー目線で

ペパボで働く人たちについてはどう感じていますか?

入社前は、ペパボ=若くて明るくて元気いっぱい!のイメージがあって、内心ドキドキしていたんですけど、入ったらそういうイメージではなく、むしろ落ち着いた人たちばかりでいい意味で裏切られました。(笑) あとは、ものづくりが好きな人も多いです。私自身、趣味で刺繍をしているんですが、春には希望者を集めて、お花見しながら刺繍をする会を催したこともあります。

それ以外にも、旅行やちょっとしたおでかけなど、プライベートでも気兼ねなく付き合える人が多いのもペパボの魅力だと感じています。

他の部署の人との交流はありますか?

あります。例えば他事業部が運営しているサービス『Canvath』を、私はユーザーとして利用しているんですけど、『Canvath』を使ってスマホケースを作っていることもあるので、ユーザー目線の意見を聞かれることもあります。自分の担当しているサービス以外にも、作ることに携わる機会が多くあるので、やりがいを感じます。

人の幸せを作っていく仕事

どんな時にやりがいを感じますか?

あるとき、作家さんと直接お話しをすることがあって、「minneに出会ったことで、私の生活は変わった!」と、言われたことがあります。

今まで趣味でやってきたことが『minne』によって、購入者さんとのつながりが生まれたり、経済的な支援になっているそうで、それはサービスをつくる人間として、とても誇らしいことでもあります。「minneはすごくいいサービスだと自信を持って言える! だから胸を張って、これからも良いサービスにしていこう!」ってチームのみんなに言いたくなりました。

今後挑戦したいことはありますか?

私は、マネージャーとして仲間を管理する立場よりも、現場で働き続けたい気持ちがあります。ユーザーに寄り添った、安心感あるサービスとして『minne』を育てていきたいので、コンテンツの改修や新しい仕組みの導入など、できるだけ施策のスピードや質を上げていくことに貢献していきたいです。

その結果として、「他の人とは違うものが欲しい」「特別なプレゼントを贈りたい」と思った時に誰もが真っ先に思いつくサービスが『minne』であるような世界を作れたら幸せです。

ペパボに興味を持っている人へ

ペパボで働く上で、一番大切なのはクリエイターさんへのリスペクトがあり、自分自身も、ものづくりを好きということ。
レベルの高い技術や知識も大切ですが、それ以上に、寛容な心と柔軟な発想を持った方であれば、ペパボでどんどんチャレンジできると感じています。